生原酒 ふなぐち菊水一番しぼり











 










生原酒 ふなぐち菊水一番しぼり

ほとばしる旨さ、濃厚な味わい、しぼりたての生原酒。

日本初の生原酒缶として昭和47年の発売以来、毎日の晩酌はもちろん旅行や山登りといったアウトドアまで、いつでもどんな場所でも楽しめるお酒として皆様に愛されてきました。フレッシュな果実のような香り、コクのあるしっかりとした旨みが織りなす豊かな味わいをどうぞお楽しみください。

[ 商品の特徴 ]
●本醸造 生原酒 ●コクのある旨口 ●精米歩合70% ●アルコール19度●新潟県産米100%使用

常識をくつがえす商品を生み出したきっかけは、お客様のひと声。『ふなぐち菊水一番しぼり』 発売50年企画「菊水ポイントキャンペーン」がスタートします

関連ニュース

常識をくつがえす商品を生み出したきっかけは、お客様のひと声。『ふなぐち菊水一番しぼり』 発売50年企画「菊水ポイントキャンペーン」がスタートします

菊水酒造株式会社は、2022年秋に発売50年を迎える「ふなぐち菊水一番しぼり」の50周年企画として、「菊水ポイントキャンペーン」を2022年4月22日から8月31日まで実施いたします。...

このニュースへ

『ふなぐち菊水一番しぼり 2022年キャンペーン仕様3本詰』出荷開始のお知らせ

関連ニュース

『ふなぐち菊水一番しぼり 2022年キャンペーン仕様3本詰』出荷開始のお知らせ

この度、弊社では「ふなぐち菊水一番しぼり2022年キャンペーン仕様3本詰」を数量限定で発売いたします。...

このニュースへ

GetNavi webゲットナビウェブ掲載のお知らせ

関連ニュース

GetNavi webゲットナビウェブ掲載のお知らせ

「モノ・コト・暮らし」の深掘りレビュー&ニュースを発信する「GetNavi web」に、当社の「ふなぐち菊水一番しぼり」が掲載されました。...

このニュースへ

肴この一品

材料(2人分)

●鶏もも肉(骨付き)…600g
●塩…大さじ1
●ふなぐち…150ml
●鶏の蒸し汁…150ml
●飾り…木の芽、キュウリスライス
  1. 鶏肉に塩をすりこみ4~6時間置く。
  2. 鶏肉を深めの耐熱皿にのせ、蒸し器で約15分強火で蒸す。
  3. 蒸し上がったら、鶏の蒸し汁を漉してボウルで冷やし、ふなぐちを加えて混ぜ合わせる。
  4. フタをして冷蔵庫で1日おく。

材料(2人分)

●ホタテ貝柱…3個
●みつば…適量
●玉ねぎ…中1/2個
●薄力粉…1カップ
●冷水…150ml
●卵黄…1/2個分
●塩…適量
●山椒塩…(山椒の粉と塩を各適量合わせたもの)
  1. ボウルに卵黄と水をよく混ぜ合わせる。片寄で薄力粉を入れ、箸で粗く溶かす。
  2. みつばを3cm幅に切る。玉ねぎは薄いくし型に切る。
  3. 2とほぐした帆立貝を入れ、1人前ずつ小ボウルに衣を入れ、混ぜる。
  4. 揚げ油を170度に熱し、さっくりと揚げる。熱いうちに塩を振る。山椒塩を添える。

材料(2人分)

●牛たたき用肉塊(モモ)…250g~300g
●塩…少々
●酢…少々
●ふきのとうの花…2個(回りの汚れた葉を落とし、苞は1枚ずつ手ではがして花を刻む)
●そば米…大さじ1
●味噌…(信州味噌30g、砂糖小さじ1、酒小さじ1)
●油…小さじ2
●飾り…菊の花、すだち輪切り
  1. 蕗味噌を作る。鍋に油、そば米を入れ火にかける。パチパチしてきたら、蕗の花を入れる。蕗の花に油が回ったら、味噌を加えて酒でなじませて、砂糖を加える。
  2. 牛たたきを作る。牛肉はしっかりと塩を振り、網焼き器で表面を焼く。熱いうちに酢をかけて手のひらでたたき、ホイルでくるむ。冷めたら5mm幅に切る。
  3. 器に牛のたたきをのせ、蕗味噌を添える。

無料会員募集中無料会員募集中 ふなぐち倶楽部